沿革

九州大学小児外科は1976年10月1日に診療科としてスタートし、1979年10月1日に我が国初の国立大学小児外科学講座となりました。また 1989年10月から九州大学病院周産母子センター(2008年4月より総合周産期母子医療センター)の一翼として新生児外科部門も担当しています。

初代は池田恵一教授(九州大学名誉教授)、二代目は水田祥代教授(九州大学名誉教授・前九州大学理事・副学長・前九州大学病院長)で、2006年1月三代目として田口智章教授が就任しました。現在、教授1、准教授1、講師3、助教4、医員3、大学院生(医員兼務)4の体制であります。

診療受付時間

  • 24H

    小児外科は
    24時間急患対応可能です。

  • 時間内
    受付

    平日8:15~17:00

    092-642-5578

  • 時間外
    受付

    夜間・土日祝日

    092-642-5576