小児腫瘍

当科におきましては小児固形腫瘍に関する基礎研究、臨床研究、さらに小児がん拠点病院の重要な役割の一つとして臨床試験、医師主導治験なども幅広く行っています。

主な基礎研究・臨床研究

1. 神経芽腫に対する放射線併用樹状細胞療法の有効性のメカニズムに関する基礎的研究

Sequential actions of immune effector cells induced by viral activation of dendritic cells to eliminate murine neuroblastoma.
Kawakubo N, Tanaka S, Kinoshita Y, Tajiri T, Yonemitsu Y, Taguchi T.
J Pediatr Surg. 2017 Aug 26. pii: S0022-3468(17)30515-8

2. 横紋筋肉腫における病理学的および分子生物学的研究

FOXM1 expression in rhabdomyosarcoma: a novel prognostic factor and therapeutic target.
Kuda M, Kohashi K, Yamada Y, Maekawa A, Kinoshita Y, Nakatsura T, Iwamoto Y, Taguchi T, Oda Y.
Tumour Biol. 2016 Apr;37(4):5213-23

3. 小児固形悪性腫瘍におけるGlypican3の発現と新規腫瘍マーカーとしての有用性

Glypican 3 expression in pediatric malignant solid tumors.
Kinoshita Y, Tanaka S, Souzaki R, Miyoshi K, Kohashi K, Oda Y, Nakatsura T, Taguchi T.
Eur J Pediatr Surg. 2015 Feb;25(1):138-44.

Immunohistochemical findings: (a) hepatoblastoma, 2-year old; (b) yolk sac tumor, 12-year old; (c) Wilms tumor, 3-year old.
4. 3Dプリンターを用いた手術シミュレーション

Three-dimensional liver model based on preoperative CT images as a tool to assist in surgical planning for hepatoblastoma in a child.
Souzaki R, Kinoshita Y, Ieiri S, Hayashida M, Koga Y, Shirabe K, Hara T, Maehara Y, Hashizume M, Taguchi T.
Pediatr Surg Int. 2015 Jun;31(6):593-6.

主な臨床試験、医師主導治験

詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

  1. 1. 難治性神経芽腫に対するch14.18抗体とサイトカイン併用療法
  2. 2. 難治性神経芽腫に対する分化誘導療法併用下でのエピジェネティック治療開発
  3. 3. 転移性肝芽腫に対する薬剤開発戦略としての国際共同臨床試験
  4. 4. 小児およびAYA世代の横紋筋肉腫およびユーイング肉腫に対するリスク層別化臨床試験
  5. 5. 難治性リンパ管疾患に対するシロリムスの有効性及び安全性を検討する多施設共同第Ⅲ相医師主導治験
  6. 6. 悪性軟部腫瘍に対する地固め療法としてのWT1ペプチドワクチン

診療受付時間

  • 24H

    小児外科は
    24時間急患対応可能です。

  • 時間内
    受付

    平日8:15~17:00

    092-642-5578

  • 時間外
    受付

    夜間・土日祝日

    092-642-5576